SBI証券で口座開設をするメリット・デメリット

こんにちは!

おにぎりさんです。

おにぎりさん

今回は、「SBI証券で口座開設をするメリット・デメリット」って話をしたいと思います!

SBI証券で口座開設するメリット

SBI証券にはさまざまなメリットがあります。その中から代表的なものをいくつか紹介していきましょう。

ネット証券大手の知名度

知名度の高いSBI証券

楽天証券やカブドットコム証券などと並んで、良く耳にする名前ですよね!

これは手数料や取扱商品などが魅力的である証拠です。

知名度が高いということは、多くの人が使っていて、何か困ったことがあっても知っている人が多くいるので解決もしやすいのは魅力的ですよ。

選べる格安手数料プラン

一般的に利用されることの多い現物取引において、SBI証券の手数料はスタンダードプランとアクティブクランの2種類に分かれています。

  • スタンダードプランとは…1回の注文ごとに手数料がかかります。
  • アクティブプランとは…1日の合計で手数料が決まってきます。

いずれも業界の中ではお得な手数料ですが、比較的予算が少なく金額が低い株を1日に何度か取引する場合には、アクティブプランがオススメです。

例えば3万円の株を2回売り買いすると合計12万円分となり、スタンダードプランでは200円(税別)の手数料がかかりますが、アクティブプランであれば0円です!

また、取引回数は多くないが10万円以上の株を取引きする場合には、スタンダードプランの方がオススメ!

このように投資のスタイルによってお得な手数料プランが変わりますので、あなたの投資スタイルに合ったプランを選択しましょう。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

取引のチャンスが広がるPTS取引

通常、国内株式は証券取引所が開設している9:00~11:30と12:30~15:00の合計5時間しか取引できません。しかし、SBI証券ではPTS取引で証券取引所が開設していないときでも株式の売買が可能です。

PTS取引できる時間は、8:20~16:00と17:00~23:59までとなっており、例えば日中は仕事で取引できないけど、仕事が終わってからも取引が可能です。決算発表は証券取引所が閉まる15:00以降に発表されることがありますが、サプライズ決算などで翌日から株価が上がることが予想される場合には、前日にPTS取引で購入しておくこともできるので、株式投資のチャンスが広がります。

銘柄分析が可能な高機能ツール

SBI証券では口座を開設することで、高機能な分析ツールを利用可能です。日経平均やドル円など主要な指標はもちろんですが、売買代金や値上がり値下がりなどのランキング、上場している企業の会社概要や業績、ニュースなどさまざな情報を入手できます。

わざわざ取引するためのツールを閉じてインターネットブラウザを立ち上げ、検索する必要がないので、効率よくチャンスを逃さずに株式の売買が可能です。また、なかなか自分では見つけにくい情報も入手できるので、便利ですね。

外国株の取り扱いが豊富

国内だけでなく海外でもさまざまな国で株式が売買されています。

証券会社によっては「アメリカの株式が買えなかった。。。」なんてことがあるかと思いますが、

SBI証券では、アメリカや中国を始め、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアの株式を取り扱っており、多くの海外の株式の取り扱い数を誇ります。

選択肢が大きいということは、それだけチャンスがあるとも考えられますので、海外の株式にチャレンジしてみても良いですね。

iDecoの豊富なラインナップ

iDeCoは個人型確定拠出年金のことで、自分で決まった金額を積み立てることで、税制面で大きなメリットを得られる年金制度です。

支払う税金を抑えることが可能なiDeCoは証券会社によって取り扱い商品のラインナップや手数料が異なりますので、できるだけお得で選択肢が多い証券会社を選びたいですね。

SBI証券ではあなた自身で選択できるセレクトプランや、SBI証券が組み合わせを考えてくれているオリジナルプランから選択でき、いずれも口座開設や管理手数料が無料です。また10年以上の実績があるため、加入者数も多く、魅力ある条件を証明しています。

つみたてNISAは手数料0円

つみたてNISAは、年間で40万円までのNISA枠で投資することで、配当と売却益が20年間非課税になる制度です。

SBI証券のつみたてNISAは100本以上の幅広いラインナップを取り揃え、100円から気軽に始められます。カートつみたて機能を利用すれば、NISAの活用枠を明確にできますし、複数銘柄の積立設定も一括でできるため、とても便利です。

証券会社の口座開設は無料で開設できる!

SBI証券に口座を開設する場合は、無料で口座を開設することができます。欲しい株やNISAやiDeCoなどを始めたいと考えているのでしたら、まず口座開設だけでも済ませておくことはおすすめです。

口座開設まで時間がかかってしまうので、「将来性がある値上がりしそうな株を見つけたから、株を買いたい!」って思ってから、実際に購入できるまでに株価が上がってしまうことなどもあるかもしれません。。

口座を開設するときに、特定口座をどうするか迷う方がたまにいらっしゃいます。

初心者は「特定口座を開設し、源泉徴収を選択する」が便利でよいです。自分で確定申告をする必要がなくなります。(頻繁に売買して源泉徴収されるのが嫌な上級者は、源泉徴収しないほうが良いかもしれませんが、自分で確定申告が必要になります)。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

SBI証券が初心者におすすめな理由

SBI証券が投資初心者におすすめな理由は、

SBI証券のおすすめ
1.多くの人が使っているため安心感があり情報も多い
2.運用の選択肢が豊富
3.手数料が安い

初めて株式投資をする際には不安ですし、わからないことも多いです。

そんな時にSBI証券を利用している人が多いです。

不明点を気軽に聞ける人が身近にいるかもしれませんし、もし、いなくても検索すればインターネット上に情報が豊富にありますからね。

また、個別株に海外株、投資信託、iDeCoに積立NISAと投資先の選択肢が豊富なため、あなた自身のスタイルに合った投資に格安の手数料で取り組めます。

不安を払拭したうえで、精神的に安定した状態を作れるため、あわてて売買することもなく落ち着いた投資に繋がります。

SBI証券のデメリット

これだけ規模が大きく、メリットが多いSBI証券ですがデメリットについても説明します。

目立つデメリットはない

全てにおいて業界No.1というわけではないですが、特に悪く目立つところはなく、全体的に優秀な証券会社といえます。

どの証券会社で口座を開設すればよいのか迷った場合には、まずSBI証券の口座を選択しておけば間違いないでしょう。

手数料が最安でない場合がある

特に大きなデメリットがないSBI証券ですが、強いてデメリットを上げるならば手数料は格安ですが最安ではない場合があることです。
これは各社の戦略によりますので、投資スタイルによってSBI証券が他の証券会社と比べてもっとも安く利用できる場合もあれば、他社の方が安いこともあります。

ただし、投資スタイルは変わる可能性もありますし、その為だけに口座を開設するのも手間ですし、管理が大変になってしまいます。全体のバランスを考慮すると、SBI証券の手数料設定は魅力的です。



当ブログで使用中の有料WordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」
ザ・トールには、アクセス・収益アップをサポートする「集客・収益化
支援システム」が搭載されており、あなたのサイトを強力に後押しします。
ブログで稼ぎたいあなたを「THE THOR(ザ・トール)」は幸せにしてくれます。
最新情報をチェックしよう!