【親心】子供が独立(フリーランス)したいと言ったら??

こんにちは。おにぎりさんです。
本日は、親の立場から独立を考えたいと思います。

突然、わが子が「事業を立ち上げる」と言ったら

さあ、親にとっては、まさに「青天の霹靂(へきれき)」。
中学、高校と塾にも通わせて、公務員でなくてもいい、せめて将来困らない会社に入ってくれ!と送り出した大学。そんな我が子が、突然、「会社辞めて事業始める。」なんて言った日には、お父さん、お母さんの頭と心は「緊急事態宣言」です。

事業独立をやめさせるには、どうしたらいいか?

結論、独立をやめさせるのは無理です。

説得して「あ、やっぱり私サラリーマンで頑張ります。」って人は、「独立します。」なんて宣言はしません。まず、独立しない人は「独立ってしたら儲かるのかなぁ。」という、いかにも、独立する気はありません!興味本位です!って相談します。

しかし、あなたの子供が「独立します」と宣言したならば、彼らなりに調べて、やってみたい!となって、金持ちになるぞー!って勢いのもと”宣言”を行っているのです。ですので、結論、説得して会社員を続けさせることは難しいと思います。

まっこうから反論するのはナンセンス

さあ、自分の子供が事業を始めるとなると、あまりにも大きいショックと不安から、「ダメだ!あんなのは才能がある一部の人間しかできないんだ。」とか「本当に自分で何十年もできると思っているのか。会社員の方が安定して定年まで働けて良いに決まってるだろ!」なんて否定して何とか会社員になってほしいと思うかもしれませんが、先程言ったように、まず会社員でとどめるのは無理です。

では、どうするのか。
それは、一旦受け止めてあげて下さい。
あなたの精一杯の不安と、精一杯のショックを抑え込み、更に子供が事業開始宣言を受け止めてあげて下さい。そして、子供の思い描く「事業内容」を聞いてあげて下さい。それが、時間稼ぎになります。まっこうから反対して、否定したら火に油、翌日には退職届を提出して、会社を辞めてきます。少しでも、時間を稼ぐために、一旦、受け入れましょう。

子供が影響されたものを見てみる。

一旦受け止めて時間を稼いだら、まず、何を見て独立を目指そうとしたのか、子供が影響を受けた動画や本を読んでみてください。子供は、「事業します。」なんて宣言したら、親は怒って反対してくると思っていますから、”一旦受け止めてくれた”というだけで、少し不意を突かれたような感覚になっているでしょう。そこに、「どんな本を読んで独立の勉強をしたんだ?」と尋ねると、また、予想だにしない感覚になり、本、もしくは動画を教えてくれるはずです。
そこで、初めて、子供がどう考えているか分かり始めます。話ができるのはそこからです。

最近の20代が影響を受けている人の動画や本を列挙してみます。
お子さんに教えてもらえなかったときに参考にしてみてください。

DJ社長ですね。お子さんとも同世代で、話も上手で面白いので、心に刺さりやすく影響されている人も多い動画です。

 

堀江さんの本ですね。堀江さんの発言に影響を受ける若者も多いので、堀江さんの本も要チェックです。
堀江さんはあまり発言の内容が変わりませんので、この2冊を読んでおけば大丈夫でしょう。いや、どちらか一冊でも大丈夫です。
 
最近SNSでも人気があり、ご自身のオンラインコミュニティを持っている箕輪さんも可能性はありますね。
 
あとは、お金について教えてくれている両学長ですかね。
ブログで独立するんだー!とか、言っていたら両学長の発言に影響受けている人も多いと思います。

両学長は本も出ているので、時間稼ぎの間に理解するなら本の方が早いですね。
なんせ、両学長の動画の本数はすさまじいですから。

子供の独立の動機を知る。

自分の子供が影響されたものを見たあなたは、頭の中で子供と共有できることは多くなっているはずです。その辺の親よりも柔軟に子供の話を聞けること間違いありません。しかし、子供が事業を始めたいと言っているのには何か動機があるはずです。

・お金が稼ぎたい、お金持ちになりたい。
・会社という組織が嫌だ。(今までの会社運が悪かったんでしょうね)
・とにかく今の会社を辞めたい。
・そもそも小さい頃からやりたいことがあった。
 (両親に反対されていたので、会社員になっただけ。)


子供の独立の動機を知る。

お子さんんお気持ちを理解したら次は、なぜご自身がお子さんに独立してほしくないのか。会社員でいてほしいのか。自分の気持ちを列挙してください。

・事業なんて苦労するに決まっている。
・借金したらどうするんだ。
・そもそも自分の子供を信用していない。(あいつにお金を稼げるわけがない)
・今の会社を辞めたら次はいい会社に入れるか分からいぞ。
列挙できましたでしょうか。親としては、子供が不幸になることを避けたいわけですよね。素晴らしいです。しかし、これでは子供が不幸になるのも防げますが、子供が望んでいる人生を送ることも防いでいます。諸刃の剣ですね。たしかに、子供が不幸になるぐらいなら、「大富豪にならなくても普通に一生を終えてくれ!」と思うわけですよね。
では、もし、もしですよ。子供が100%成功する独立をするとなったらどうですか?例えば、弁護士になる。とか。応援しますか。弁護士になれば社会的地位もありますし、平均年収も高いですから万々歳ですよね。

では、なぜ子供の事業に反対するのか?

不安でいっぱいのご自身が、前向きで全力のお子さんを説得しようとしたら喧嘩別れです。喧嘩別れをしないように、まず、お互いのギャップを埋めましょう。お子さんから、あなたに歩み寄ることは可能性が少ないので、あなたから歩み寄り、自分の不安を少しでも減らせる方向で独立の道を探してあげて下さい。

・ブログの収益が○○万円以上かつ半年以上続いたら会社を辞めてもいい。
・週4日しか働かなくていい企業に就職して、事業が軌道に乗ったらやめてもいい。

もしくは

・事業が傾きそうになったらすぐに社会人に戻る。
・借金するくらいなら、事業をつぶす。

ギャップを埋める

そして、今まで親のレール通りに歩んできたあなたのお子さんはそこまで強いハートの持ち主ではありません。
いわゆる”小利口”です。そこら辺の社長のように苦難に立ち向かいナニクソ!と苦難を乗り越えるタイプではありません。すぐにリスク計算をし、危険になったら逃げるすべを持っています。例え、独立したとしても、うまくあきらめをつけて社会に戻ってくるでしょう。

日本の教育で”お金の稼ぎ方”は教えてくれません。なので、お利口なあなたのお子さんは事業をしても”お金の稼ぎ方”を知らないまま挫折して社会に復帰するのを待てばいいのです。

 



当ブログで使用中の有料WordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」
ザ・トールには、アクセス・収益アップをサポートする「集客・収益化
支援システム」が搭載されており、あなたのサイトを強力に後押しします。
ブログで稼ぎたいあなたを「THE THOR(ザ・トール)」は幸せにしてくれます。
最新情報をチェックしよう!