【原油下落】原油価格について知る

あなたも最近のニュースで見たことがあると思います。

「原油下落」

3月あたりから原油価格の暴落が続いています。

では、なぜ原油価格が下落しているのか見て行きましょう。

原油価格ってどうやって決まっているのか?

原油生産量はどこが多いの?

まず、基礎知識として、

原油生産国で原油生産量はどこが多いの?

あなたは、わかりますか?

やっぱり中東?サウジアラビアとか?

正解はコチラ

1 アメリカ合衆国(米国) 1,531万1,000
2 サウジアラビア 1,228万7,000
3 ロシア 1,143万8,000
4 カナダ 520万8,000
5 イラン 471万5,000

参考:外務省

アメリカ、ロシアが石油でも強いんですね。

原油価格はWTIで知ることができる。

2020年4月21日 原油価格 0.01ドル

なんてニュースを見たことが思いますが、

皆どこで原油価格調べているの?

そんな、ことを思ったことがある人もあるでしょう。

それは

WTI 原油先物
で調べると分かります。
 
下記のサイトで、原油先物価格を見ることができます。
 
グラフで見ると、分かりやすく最近の原油価格の動向を読み取ることができます。

もっと詳しく”値幅”とかも見たいよ!って人は

株価のチャートを勉強すれば、問題なく見ることができます。

チャートの読み方は、僕の大好きな「もふもふさん」が紹介してくれていますので、そちらを参考にしてみてください。

YouTube

↓次の動画はこちら④株式投資の基礎~上がりそうな株の見つけ方(https://youtu.be/7UWxEYbRH78)…

原油の生産量(採掘量)は調整されている

原油の採掘イメージってどうでしょうか?

穴を掘ったら、

原油が見つかって垂れ流しに生産されている。

そんなわけはなく、

ちゃんと生産量を調整しながら、採掘しているんですね。

なぜなら、

採れるだけ出荷していたら、

原油の値段が下がってしまうから。

世界で、使う原油の量よりも、生産される石油の量が多いと、

「需要」と「供給」のバランスが崩れてしまうんですね。

需要と供給バランスが崩れて、

原油の下落を暴落させないために

原油生産量が調整されているんです。

誰が原油生産量を調整するの?~石油輸出国機構:OPEC~

OPECとは

opec、アメリカ英語発音:[ˈoʊpek] オウペク))は、国際石油資本などから石油産出国の利益を守ることを目的として、1960年9月14日に設立された組織である。

出典:Wikipedia

原油生産国の利益を守るために作られた組織ですよ!ということですね。

参加国は、イラン、イラク、サウジアラビア…etc.

中東やアフリカをメインとした、石油原産国が中心となっていて、

アメリカやロシアは参加国ではありません。

OPECで生産量の増減が決まると、

非加盟国とも協議を行うのですが、

今回はそこで問題が起こりました。

なぜ、原油価格は暴落したの?

OPECと非加盟国との協議~ロシアと合意せず~

日本経済新聞

【ウィーン=飛田雅則】石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟国は6日、ウィーンで閣僚級会合を開いた。減産量を追加す…

3月の日経新聞にも出ていますね。

OPECは石油の減産を決定し、

非加盟国にも協調減産を提案しました。

しかし、ロシアは減産に合意せず、生産を継続したわけです。

まさかの、サウジも増産

ロシアが減産に応じず、

継続して生産したため、

なんと、

サウジアラビアも増産してしまいました。

コロナウィルスと重なり原油生産過多~原油暴落へ~

コロナウィルスの影響を受け、

各国の工場が停止する中、

原油原産国2位と3位が揉め、原油増産したことで、

世界に輸出される原油が過多となり、

原油価格が暴落してしまったわけです。



当ブログで使用中の有料WordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」
ザ・トールには、アクセス・収益アップをサポートする「集客・収益化
支援システム」が搭載されており、あなたのサイトを強力に後押しします。
ブログで稼ぎたいあなたを「THE THOR(ザ・トール)」は幸せにしてくれます。
原油価格
最新情報をチェックしよう!